ラスベガス有名マジシャン ランス・バートン

ラスベガスで出世街道を走ってきたマジシャンと言えば、ランス・バートンが代表にあげられます。

ランス・バートンはマジック界のオリンピックと呼ばれるFISM(3年ごとに世界の各地開催される。バートンの受賞は1982年のスイス、ローザンヌ大会。

ちなみにアメリカ人では初受賞で当時22歳と最年少受賞者でもあった)。でグランプリを受賞し、マジック界で名前が知られるようになりました。

(写真:ラスベガスモンテカルロホテル、ランス・バートンのサイン)

しかし、マジック界は意外と狭い。

ここから巣立ったマジシャンで著名な人はあまりいません(おそらくバートンが唯一。FISMがマニアの大会だから、という理由もあります)。

ランス・バートンはFISMでの実績を買われ、ラスベガスのトロピカーナホテルで8週間の契約を結びました。

結局これが好評で9年間出演、その後ハシエンダ(現在のマンダレイ・レイホテル)にジャンプアップ。

ここで観客動員数記録を更新して、ホテル・モンテカルロホテルオープン時に専用劇場(ランス・バートン・シアター)を持ち、13年間契約を結びました

まさに、ラスベガス内でハコ(劇場)をどんどん大きくし、ステップアップしていったのです。

今ではご存知の通りラスベガスの代表的なエンターテインメントともなっています。

それにしても…13年も同じ公演をやりつづける(週に10回も)なんて、いくら破格のギャラをもらっていても辛いだろうな
(どこにも行けないよー)……と想像してしまします。

ちなみに、2000年に来日公演が実現しました。

 

※※ 追記 2010/12 時点 モンテカルロホテルでのランスバートンのマジックショーは終了しています。ラスベガスでのマジックショーは減少傾向です。プラネットハリウッド ミラクルマイルショップス内の会場で開催されている 日本人マジシャン Ai&YukiのZen Mazicに期待。

※※追加 2011/5  日本人マジシャン Ai&YukiのZen Mazicが突然の打ち切りになりました。