ラスベガス アウトレットモール

ラスベガスのアウトレットモールは、大きな観光スポットのひとつ。アウトレットモールでは、シーズン遅れ、サイズが不揃い(卸す時の単位に合わない)、サンプル品、少々キズありなどの理由で在庫になってしまったものを扱う店舗が入っています。 ラスベガス ファッション・アウトレット ホリスターアウトレット

(写真は、ラスベガス ファッション・アウトレットに入っているホリスターのアウトレット)

ブランドは、ざっと上げてみただけでもカルバンクライン、バナナリパブリック、コーチ、ドルチェ&ガッバーナなどなど。

ラスベガスには多くのアウトレットモールがあります。たとえば、「ラスベガス・プレミアム・アウトレット」は、オープン型のアウトレット、「ファッション・アウトレット・ラスベガス」はインドアなので、涼しくお買い物できます。
『ラスベガス・プレミアム・アウトレット アクセス リンク』

ラスベガス ファッションアウトレット 正面入口
『ファッション・アウトレット・ラスベガス アクセス リンク』
またメリーゴーランドがあるので小さな子どもが一緒でも、長時間飽きずに楽しめて良いでしょう。

メイシーズ(デパート)が入っている「メドーズ・モール」、そのほか「ラスべガス・アウトレットセンター」「ブルーバード・モール」等。
※ラスベガス・アウトレットセンターは、経営母体がラスベガス プレミアム・アウトレットと同じになり、ラスベガス・プレミアム・アウトレット・サウスに名称変更になっています。また、ラスベガス・プレミアム・アウトレットは、ラスベガス・プレミアム・アウトレット・ノースの名称に。

『メドーズ・モール アクセス リンク』
『ブルーバード・モール アクセス リンク』

アウトレットモールでのお買い物の魅力は、なんと言っても品揃えと価格。

 お値打ちな値段がつけられているけれど、ここはさらに交渉の余地あり(特に小売店鋪)。

 着いている値段より、少し低めにならないかと持ちかけてみよう。

たいていは、まけてくれたり、おまけを付けてくれるので堂々とトライ。

でもそんな勇気はなく、かつお安く買い物をしたい人は、何度も同じお店の同じ商品を(できれば同じスタッフの前で)熱心に観察してみよう。

スタッフの方から値段交渉をもちかけてくれる可能性は高い。

また、包装や会計は日本のスタッフの対応に比べて遅く感じることが多いがイライラしないで。

 

◇◇ 関連記事 ◇◇

ラスベガス プレミアム アウトレット
ラスベガス・プレミアム・アウトレット・ノースへの行き方などを記事にしています。

ラスベガス 公共バス ACE(エース) アウトレットに行くのに便利
ラスベガス・プレミアム・アウトレット・ノース(北)、サウス(南)に行くのにも、ラスベガス公共バスACE(現 Strip&DowntownEXPRESS)の利用が便利です。SDXでの行き方、利用の仕方を記事にしています。