アメリカで使う単位の基本

飲み物の量、洋服のサイズ、距離などなど、日本と米国では使う単位が違うのはご存知の通り。では、実際に役立つ単位を紹介しましょう。
ラスベガス・プレミアム・アウトレット・ノース timberlandに表示されている靴サイズ表
(ラスベガス・プレミアム・アウトレット・ノース Timberlandに表示されている靴サイズの表。例えば日本人男性で靴サイズが27cmの人は、アメリカサイズでは”9”です。)

まず、飲み物などの液体


カップは約240ミリリットル、


パイントは約437ミリリットル、


クォートは約950ミリリットル、


ガロンは3.785リットル。


ジュースやビール、アイスクリームを注文するときはこの数字。


車を運転する人や洋服を買おうと思っている人は長さの単位を気になるところ。


1マイルは約1.6メートル、


1フィートはおよそ30.48センチメートル、


1ヤードは91.44センチメートル、


1インチは2.54センチメートルというのを覚えておこう。


いつも思うのだけれども、これだけ観光の街として売り出しているのだから、世界標準のメートルにしてもいいと思うのですが。


世界標準のただし、洋服は型もあるのでサイズ表示を確認するだけでだけでなく実際着用することをおススメします。


パフュームや食料を調達する場合のために重さを紹介すると


1オンスは28.3グラム、


1ポンドは454グラム。


温度表示も華氏(F)と摂氏(C)で違うし、


日付の書き方は日本標準は「年→月→日」ですが、


米国では「月→日→年」。


入国書類の記入、クレジットカードを使う場合は一応注意しよう。

 

◇◆ラスベガスの歩き方関連記事◆◇
ラスベガス プレミアム アウトレット
ラスベガスのアウトレットモール、ラスベガス・プレミアム・アウトレット・ノースに関する記事です。SDX(ラスベガス公共バス)での行き方なども掲載しています。