ラスベガスまで来たならグランドキャニオン観光

各旅行会社がもっているラスベガスからグランドキャニオンツアーの数の多いこと! 

 ある意味ツアーに乗ってさえしまえば行くのは簡単だが、内容、所要時間、予算、空き状況をよく検討して選ぶことが肝心です。
ラスベガス グランドキャニオン MATHER POINT

 地図を見ると(また、米国人の感覚で言うと)ラスベガス←→グランドキャニオンは近いイメージがありますが、日本で言えば東京←→大阪間くらいの距離(約500キロ)。

 車で行くと片道6時間程度かかるので、それなりの覚悟が必要です。ともあれ、世界遺産であるグランドキャニオン、一度は見ておきたいところ。

写真で見るグランドキャニオンと自分の目で体感するグランドキャニオンには大きな違いがあります。この雄大さを感じるには、自分で体感する以外には方法がないと思います。

 各旅行会社のツアー内容を見るとだいたい次のような種類があるようなので参考にしてみてください(日本語対応か否かなど細かい対応は除外)。

 「1:グランドキャニオンへ車で行く(所要時間10時間程度)」

 「2:グランドキャニオンヘリコプターで行く(10時間程度)」

 「3:グランドキャニオンへバスで行く(15時間程度)」

 「4:グランドキャニオンへ飛行機で行く(6時間程度)」

(グランドキャニオンへは、飛行機で行く人がほとんど)

 時間で考えると、実にシンプルだが、このなかにスカイウォークが着いていたり、現地での観光に時間が割いてあったり、全く乗り物から降りない(空から見るだけ)など実にさまざま。

 ちなみにスカイウォークとは観光アトラクションでグランドキャニオンに設置されたU字形の透明な展望鏡。床は強化ガラスなので空中散歩気分が味わえる。(グランドキャニオン観光で一般的なSOUTH RIMには、スカイウォークはありません。スカイウォークを楽しむには、それようのツアーがあります。)

 このスカイウォークは、日本のニュースでも取り上げれ話題になったので、知っている人も多いはず。

 自分の旅の日程と体力、そしてお財布とも相談してグランドキャニオンを楽しんで下さい。

 

■■ラスベガスグランドキャニオンツアー レポート■■

 

グランドキャニオンツアーは、Alan1 ”世界遺産グランドキャニオン上空とサウスリム地上観光!ラスベガス発の人気観光”を利用。

飛行機でノースラスベガス空港からグランドキャニオン空港、そこからバスでBright Angel Lodge、Mather Pointでグランドキャニオンスポット観光、また飛行機でラスベガスに戻るコースです。

Alan1から予約、日本のサイトなので当然日本語、日程を確認して予約リクエスト。価格$315(時期により異なります)、日本円表示もできるので日本円表示でみると¥25,908。

翌日予約完了メールが届きました。そのメールに予約券(バウチャー)のリンクがあるので、プリントアウトして現地に持って行きます。(当日バウチャーを見せる事はありませんでしたが、念のため持って行きましょう。)

ラスベガスでの宿泊は、The Cosmopolitan of Las Vegas Hotelでしたが、バスのPIK UPホテルになっていないので、集合場所は、南隣のARIA HOTEL バスツアーロビー。

このPIK UPホテルは、宿泊ホテルを予約時に申請しておけば、そのホテルもしくは、近隣ホテルになります。

集合時間はAM5:30、時差ボケも交じっているので早いという感覚もなく、ARIA HOTEL バスツアーロビーに。バスツアーロビーは、VALET横のエスカレーターを降りたところにあります。(ARIAのカジノを抜けて南側に出ればあります。カジノ内にも案内板があるのでわかると思います。)

Las Vegas ARIA HOTEL BUS TOUR LOBBY案内板 
バスツアーロビーに行くと名前持って案内の人が待っていてくれました。ここで確認されたのは、バウチャーではなく、パスポートを持っているかどうか。(係の人は日本語)

という事でパスポートは必ず必要。飛行機に乗るときも提示を求められます。(バウチャーにも書かれていますが)

バスに乗り込んでそこからベラッジオホテルにPIK UPに向かい、ハイウェイに乗ってラスベガス空港へ。20分ぐらいです。ベラッジオからは、ツアーガイドの人も合流、千葉出身の方でした。もちろん日本語。

利用航空会社は、Vision Air。日本人団体客も多く、日本人スタッフもいました。搭乗券の発行手続きをするときも行ったときは、日本語対応でした。

まあ、わからないことがあってもガイドさんがフォローしてくれるので、英語でも問題ないと思います。

まず、カウンターに行き、パスポートを提示。カウンターのところで体重を量り、搭乗券(往復分)をもらいます。体重をはかるのは、機体総重量により燃料による飛行距離が変わってくるので、把握しておく必要があるようです。(総重量が重いほど飛行距離は短くなる)

今回10人のツアーグループになっていましたが、重量の関係で2名は、違う便に乗ることになりました。別の便になっても5分ほどの差で空港に着陸するので、またグランドキャニオン空港で合流。別便になったからっと言って、特に心配する必要はありません。

Vision Airの機材は、2機種あります。左右に席が1列づつの機材と2列づつの機材。前者が19名乗り、後者が30名乗り。

ラスベガスグランドキャニオン観光 Vision Air 飛行機ドルネア228 19名乗り
上記写真が19名乗り、左右席が1列づつの機材(機材後方は3名掛け席)
ラスベガスグランドキャニオン観光 Vision Air 飛行機ドルネア330 30名乗り
上記写真が左右席が2列づつの機材、こちらには、客室乗務員がいます。(別に機内サービスはしません。安全上の注意や説明をしてくれます)搭乗案内があるまでは、お土産物を見たり、そとでタバコを吸ったりとして時間を潰します。

搭乗案内があったら搭乗口に並び、パスポートと搭乗券を提示。誘導にしたがって機材のところに歩いて行き、乗り込みます。今回の機材は19名乗りの機材でした。グランドキャニオン空港までの飛行時間は50分ほど。
ラスベガスグランドキャニオン観光 Vision Air 飛行機ドルネア228 機内
機内はこのような感じです。ヘッドフォンから日本語でグランドキャニオンなどの説明が流れます。機内は冷房が効いているので、何か羽織るものがあった方がいいです。
ラスベガスグランドキャニオン観光 Vision Air 飛行機ドルネア228から見た景色
窓が大きいので景色が見えやすく、翼も上方にあるので視界の妨げになりません。今回は天気もよく揺れはあまりありませんでいした。

景色を眺めているうちにグランドキャニオン空港に到着。風があり少し肌寒い感じです。(5月中旬)

この時の天気予報では、サウスリム 最高気温23℃、最低気温−2℃でした。昼ぐらいにはかなり暑くなりましたが、それまでは、Tシャツの人は、寒く震える感じでした。(おみやげもの屋で上に羽織るもの購入されてました)

バスに乗り込みサウスエントランス(国立公園南側入口)から入場。グランドキャニオンには、年間600万人の観光客が訪れます。夏がピークで、このゲートを抜けるのに1時間ぐらいかかることもあるそうです。このゲートのところで日本語ガイドブックがもらえます。

ここからBright Angele Lodgeへ。バスをおりて歩きながらEL Tovar Hotelがある方向へ、そこからグランドキャニオンの絶景を!なんですが、ガイドさん曰く、ここはグランドキャニオン観光の準備運動的ポイントだそうです。それでも広大、すばらしい。
ラスベガスグランドキャニオン観光 Bright Angel Lodge付近からのグランドキャニオン景色
ここからもう少し上に行くとEL TOVAR HOTEL、エルトバホテルは、5つ星ホテルで予約もなかなか取れないホテルです。ロビーへの出入りは自由なのでぜひ立ち寄ってみて下さい。雰囲気のあるホテルです。

グランドキャニオンの景色をを眺めながらランチタイム、搭乗前にもらったランチボックスには、サンドウィッチ、リンゴ、ミネラルウォーター、スナック菓子が入っていました。
ラスベガスグランドキャニオン観光 Vison Air ツアー ランチボックス
ランチ後、またバスに乗り込み、グランドキャニオン観光のメイン、MATHER POINTへ。このポイントは1年半ぐらい前から見れるようになったポイントです。(ちなみにこのMATHERは人の名前)
ラスベガスグランドキャニオン観光 MATHER POINT
Bright Angele Lodgeよりもより感動的な景色です。
ラスベガスグランドキャニオン観光 Mater point

写真では、奥行きが伝えられないのが残念です。ぜひ体感してもらいた絶景ですね、グランドキャニオンは。

ガイドさんがいろいろな撮影ポイントを教えてくれてたくさん記念写真も撮れました。グランドキャニオン滞在3時間ほどですが、あっと言う間という感じで時間は過ぎ、バスに戻ってグランドキャニオン空港へ、帰路の飛行機にのりノースラスベガス空港。

空港からはバスでホテルまで送ってくれます。ホテル到着は13時前ぐらいでした。やはり飛行機移動は早いですね。昼からたっぷり時間ができたので、プールに行く事にしました。

当然グランドキャニオンバスツアーより価格は高くなりますが、時間有効活用というところでは、飛行機グランドキャニオン観光がおすすめです。

 

◇◆Alan1 ラスベガスツアー検索 LINK ◇◆

ラスベガスグランドキャニオンツアー
ラスベガスオプショナルツアーが検索できます。ラスベガスヘリコプター夜景観光などのオプショナルツアーがあります。

■JTBラスベガスツアー検索LINK ■
 ラスベガスホテル指定ツアー検索
ベラッジオ、ベネチアン、ウィンラスベガス、モンテカルロホテル、パリス、ルクソールホテルを指定してラスベガスツアーを検索できます。ラスベガス格安シーズンを探すのにも使えます。

 ◇◆ ラスベガスの歩き方 関連記事 ◇◆
ラスベガス観光
ラスベガス観光に関するカテゴリーです。ラスベガスヘリコプター夜景観光やラスベガスの無料ショーの楽しみ方などを記事にしています。
ラスベガス旅行ブログ
ラスベガスに行ったときの体験、知っていると便利かなというようなことを記事にしています。