ラスベガス観光 デスバレー

ラスべガスに行くなら自然を満喫しなくては! と思っている方でデスバレー・ナショナル・パーク見学を計画している人もいるでしょう。

 

デスバレーはアメリカ最大の国立公園(アラスカ以外)。デスバレー=死の谷、と名付けられている通り、過酷な自然が目の前に広がぅている。

 

この名前の由来にまつわる話がある。一説によるとゴールドラッシュ時に一攫千金を夢見た一行が、近道をしようとデスバレーを通るコースを選んだが、周囲の3000メートル級の山に行く手を阻まれた上、水と食料が不足。

 

もうダメかと思われた時、そのなかの青年2人が西への道を発見し、食料を調達することができた、そしてめでたく山を越えることができた一行のひとりが「グッバイ、デスバレー」と言ったので、この名がついたと。

 

真夏は気温50度を超える日が続き(ちなみに過去最高気温は57度)、干上がった塩水湖、熱砂の砂丘などが見られる。

 

もし訪れるならば冬の方がいいかもしれない。

 

他、レッドロック・キャニオンもバラエティ豊かな自然をかいま見られるおススメスポットだ。

 

真っ赤か岩が点在するさまは見もの。赤い丘が砂漠の大地と植物に囲まれて目の前に立ちはだかるさまを満喫しよう、園内を周回する21キロメートルのドライブコースがある。