ラスベガスで開催されるコンベンション

ラスベガスはコンベンションの街としても有名。毎日のように大小のコンベンションが行なわれているので、ビジネスで訪れる人も多いところだろう(コンベンションの開催数は世界一と言われている)。

 

大きなコンベンションが開催される時は、ホテルの部屋代が高くなったりする。

 

数万人規模のコンベンョン開催もあるラスベガス、ルームレートがあがるのも納得できるところ。

 

しかし実は、もともとコンベションが多く行なわれていたというわけではなく、ラスベガスの環境がコンベンションに適していたといわけ。

 

理由はコンベンション会場の近くにホテルが多いということが最大(宿泊施設がなければコンベンションは開催できない)。

 

なんだか鶏と卵のような関係だが、双方の需要と供給が一致していてこのような発展を遂げたのは興味深い。

 

以前、米国の見本市はニューヨークやシカゴで行なわれることが多かったようだが、参加者も娯楽のある街の方が(仕事とはいえ)楽しいに決まっている。

 

楽しいところには人が集まる→ラスベガスでのコンベンションがイベントとして盛大になる。

 

その結果、多くのイベント会社がコンベンション開催地としてラスベガスを選ぶようになったようだ。

 

ただし、コンベンションは観光がてら、ふらっと入れるものは少ないので(インビテーションなどが必要なことが多い)、興味のあるコンベンションがあったら、よく下調べをして参加できる方法を予め考えておく必要はあるでしょう。