ラスベガスダウンタウン

ラスベガスのダウンタウンといえばフリーモントストリート。

ラスベガス ダウンタウン フリーモント

(ラスベガス写真:ラスベガスダウンタウン フリーモント ネオン)

 

ラスベガスが舞台になった映画やドラマもこのフルモントストリートで撮影されることが多い

ラスベガスダウンタウン プラザホテル
(写真:プラザホテル)

 この通りは、観光客にとっては「夜でもフラッシュがいらない」場所と言われる(それだけ電気の数が多い=夜でも明るい)。

ラスベガスダウンタウン 4QUEEN

(ラスベガス写真:ダウンタウン フォークイーンネオン)

このダウンタウン地区は、実は1990年代には一時廃れた感のあった街地区でもあった。理由はストリップ地区が発展したため観光客をとられてしまったからだ。


(写真:ラスベガスを紹介するときよく見かけるネオンサイン)

 

そこで、ダウンタウン地区の商工会が700万ドルを投じて大改装工事を行ない、イルミネーション(200万個以上の電球を天井に張り巡らせているらしい)が取り入れたのだ。

 

それが呼び物となっている「ザ・フリーモントストリート・エクスペリエンス」。


(写真:日没から約1時間おきに音と光のshowがある24時で終了)

 

しかし、これだけの改装を行なってもストリップの勢いにはなかなか追いつくことができず、近年もさらに改装を重ねてきている。

 

ダウンタウンのイメージは、古くさい、と言えばそんな気もするが、古き良き時代の庶民的なムードが漂っているので、一度は足を運んでみよう。

 

最新の設備を備えたストリップ地区にはない魅力を発見できるはずだ。

 

カジノ、レストラン、ホテルの料金もストリップに比べると少し低い料金で設定されている。また、狭い区域に観光名所が密集しているので体力的にも移動が楽だ。

 

 

☆☆ 関連記事 ☆☆

ラスベガス無料SHOW フリーモントエクスペリエンス