ラスベガスでの必需品

ラスベガスは、砂漠の真ん中に作られた人工的な街です。


ネバダ州の砂漠ですから当然乾燥しています。


ラスベガスをはじめて訪れる方にとっては湿度が高い日本での生活と、
ベガスの半端ではない乾燥とのギャップに驚いてしまうことでしょう。


ですからミネラルウォーターは必需品


観光するにせよ、カジノに行くにせよ必ず水は携帯していくようにしましょう。


もちろん、カジノに着いてしまえば当然ミネラルウォーターは手に入るし、街中でも手に入ります。
が、移動中にもきっと水分を補給したくなりますし(それほど乾燥しているわけです)、


ちょっとした汚れを落とす水としても(砂漠なのでほこりっぽい)重宝です


常時、それほど大きくないボトルを携帯するのがよいでしょう。


また、女性は特にお肌の乾燥も気になるところ。
寝るときには口元のマスクだけでなくクリームをたっぷり塗ったあとにアイマスクを使用すると良いでしょう。


もちろん、これは移動中の飛行機のなかでも有効ですから、ぜひ試してみてください。


また、ラスベガスでは外出時の帽子、サングラスも同様の理由で必需品。保温のための上着も携帯しましょう。

 

とにかく場所によって温度の差が大きいのがラスベガス。


1メートルしか離れていないのに日向ではランニングシャツ、
日陰ではダウンが必要なくらい温度差があります。


白人の大柄な方などは、Tシャツ1枚で歩いている姿も見かけますが、
体感温度が違うのか、日本人には他の人の服装は快適に過ごすための参考にはなりません。


暑すぎるかも...と思うくらいの装備で臨むのが無難でしょう