ラスベガスで役立つ アメリカ生活 くしゃみ

アメリカでくしゃみをすると、アメリカ人に必ず声をかけられます。もちろんラスベガスでも。

 

それは、「Bless you!」もしくは「God bless you!」(ブレス・ユー、ガッド・ブレス・ユー:神のご加護がありますように)です。

 

日本的に解釈すると「大丈夫?」という感じでしょうか。

 

くしゃみをすると悪いものが入るので、Bless you!と唱えて悪いものが入らないようにしたという伝えがあります。

 

または、くしゃみと同時に魂が抜けてしまわないようにという言い伝えもあります。

 

くしゃみをしたらまず「Excuse me」と謝りましょう。

 

日本ではたかがくしゃみくらいでは黙っていることが多いですが、欧米ではこれが礼儀です。

 

そうするとBless you!と声をかけられますので、「Thank you」とお礼をします。

 

すると相手は「You`re welcome」と答えます。

 

もしExcuse meという前にBless youと言われたら謝る必要はありません。

 

たかがくしゃみですが、アメリカではこうしてお互いを思いやり声を掛け合う習慣があります。

 

全くの見ず知らずの人からBless youと声をかけられたら驚くかもしれませんが、ここはスマートにThank youと返せるようにしておきます。

 

人が集まるところでくしゃみをした場合、あちらこちらからBless youと聞こえてくることもあります。

 

または、猫や犬などのペットがくしゃみしても同じようにBless youというのもアメリカ人らしいですね。