ラスベガスで役立つ アメリカ生活 チップ

アメリカではサービスについてはチップが発生します。それはラスベガスも同じ。「お客様第一」の日本では、もちろんサービスは無料ですが。アメリカでは、違います。「サービスはお金が発生するもの」と考えているのがアメリカです。
ラスベガス ハラスホテルのキャラクター?
(ラスベガス Harra's Hotel内に展示されているリッチマン人形 こんな人がいたらチップをたくさん渡しそうです)

 レストランでウエイトレスが食事を運んでくれることや、ホテルで部屋まで荷物を運んでくれるのもサービスです。

 そういうサービスを受けた場合にはチップを支払います

 逆に、チップがないところ、ファーストフード店ではサービスが無いと考える方が良いでしょう。

 ウエイトレスは時給が低いため、チップがお給料になります。しかし、サービスが悪かったり、サービスがほとんどない場合は、チップを減らす、もしくはあげなくても構わないのです。

 その代わり、とても良いサービスを受けた場合は少し上乗せしてチップをあげましょう

 では、チップの相場ですが、レストランのウエイトレスには昼間は15%、夜は20%、タクシー運転手には10−15%、美容師には10−20%、ピザなどの宅配の人には10%(ピザ代にチップが含まれている場合があるので注意)などです。

 ラスベガスのホテルカジノには、カクテルウエイトレスがドリンクサービスをしてくれます。ドリンク自体は無料ですが、カクテルウエイトレスにチップを渡します。ワンドリンク1ドル程度。

 ホテルの部屋の掃除をしてくれる、ハウスキーピングには、ワンベッド、1ドル程度。部屋をでるときに、枕の上に置いておきます。

 ラスベガスには、バッフェでは、前払い制で、チップは必要ありません。ただ、サービスしてくれるウエイター、ウエイトレスに、1ドル程度のチップを手渡すか、食事が終った時にテーブルの上に置きます。

 これもチップを渡すルールというわけではなく、あくまでもサービスをしてもらったことに対してチップをあげるということ、基本はあなたのお礼の気持ちです。

 

◇◆ラスベガスの歩き方関連記事◇◆
ラスベガスで役立つアメリカ生情報
アメリカ生活の習慣でラスベガス旅行に行って役立ちそうなことを集めたカテゴリーです。
アメリカでは当たり前のレディーファースト、レストランでの会計などを記事にしています。