ラスベガスで役立つ アメリカ生活 レストラン(注文)

アメリカのレストランで料理を注文するまでの流れを紹介しましょう。 (ラスベガスホテルに多いBuffetでは、お金を払うタイミングなど多少ことなります。)
ラスベガス シュガーファクトリー 店内
(写真:シュガーファクトリーatパリスホテル レストラン店内)

ファミリーレストランから高級レストランまで一般的な流れはほぼ同じです。

 まず、レストランの中に入ったら、入り口に案内係(ホスト/ホステス)がいて、「何名様ですか?」、子供がいる場合は「ハイチェアは必要ですか」などと聞かれます。

 それから案内係の後をついて席まで案内してもらい、席につくと案内係がメニューを渡してくれます。

 それからウエイトレス/ウエイターが来て、「私の名前は○○です。今日は私がこちらのテーブルをお世話いたします。」と言い、すぐに「何かお飲み物をお持ちしましょうか?」と聞かれます。

 日本だとたいてい、お水やお茶、麦茶などが事前に運ばれてきて、他の飲み物は自分たちで必要ならば注文するという形ですが、アメリカでは違います。

 コーヒー、アイスティー、ソーダ、アルコール類、またはノンアルコールのカクテルなどその種類はお店によって様々です。

 もちろんお水を注文してもいいのですが、その際にはwater with Lemon(お水とレモンを)とお願いしてみましょう。アメリカの生水はあまりおいしくないので、カットレモンを添えてもらい、そのレモンを水の中に入れて飲む人が多いのです。

 また、アルコール以外の飲み物は1度注文するとおかわり自由ですので、グラスが空になるとそのグラスに新たについでくれるか、新しいグラスを持ってきてくれます。

 

◇◆ラスベガスの歩き方関連記事◇◆
ラスベガスで役立つアメリカ生情報
アメリカ生活の習慣でラスベガス旅行に行って役立ちそうなことを集めたカテゴリーです。
アメリカでは当たり前のレディーファースト、よく質問にもあるチップの習慣などを記事にしています。