ラスベガスで役立つ アメリカ生活 レストラン(会計まで)

飲み物を注文し、ウエイトレスが持ってくる間に注文する料理を選びましょう。飲み物を持ってきた際に、ご注文は決まりましたか?と聞かれますので、決まっていればそこで注文する料理を伝えます。
ラスベガス シュガーファクトリーのストロベリーシェーク

(ラスベガス パリスホテルに併設されているシュガーファクトリーのストロベリーシェーク)

 まだ時間が必要なときはそのように伝え、少ししてからまた来てもらいます。

 注文の料理を伝えるとウエイトレスやウエイターが「Good choice !」、「I love that !」と大げさに反応する場合があります。いかにもアメリカ人らしいなと感じる場面でしょう。

 しばらくして、料理が運ばれてきてます。ステーキを注文した場合は「焼き具合を確認してください」と言われる場合がありますので、ウエイトレスの前で一口サイズに切って食べてみましょう。

 いい具合ならOKと、そうでない場合はその旨を伝えて出しなおしてもらいます。

 料理を約半分程度食べたあたりで、ウエイトレスがまたテーブルにやって来て、「Everything ok?」と聞いてきます。そこで何か必要なものや、何か言いたいことがあれば伝えましょう。

 料理を食べ終わったあたりで、「デザートはいかがですか?」と聞いてきます。

 その有無を答え、料理を持ち帰りしたい場合はto go box(持ち帰りようの入れ物)をお願いして持ってきてもらいます。

 アメリカの料理はとても多いので食べ切れなかった料理を持ち帰る人を良く見かけます。

 

◇◆ラスベガスの歩き方関連記事◇◆
ラスベガスパリスホテル
エッフェル塔、凱旋門があり、ホテル内はシャンゼリゼ通りをイメージしたつくりです。セレブ御用達のシュガーファクトリーを併設しています。
ラスベガスで役立つアメリカ生情報
アメリカ生活の習慣でラスベガス旅行に行って役立ちそうなことを集めたカテゴリーです。
アメリカでは当たり前のレディーファースト、よく質問にもあるチップの習慣などを記事にしています。