ラスベガスで役立つ アメリカ生活 レストラン(支払まで)

to go boxを持ってくる際に、ウエイトレスが伝票を持ってきてくれます。ほとんどのレストランではその席でお金を支払います。バッフェなどでは、入店時に支払います。
ラスベガス ベネチアンホテル TAO
(ラスベガス ベネチアンホテルにある TAO レストランはもちろん、NightClubでも有名)

 伝票はたいてい二つ折りのホルダーのようなものに挟まってきますので、現金で払う場合はそのホルダーに現金を挟み、ウエイトレスに渡します。

 カードで支払う場合は、食事代の合計金額を自分で記入し、その下にtip(チップ)の欄にチップ額を書き、最終的にチップも含めて支払う合計金額を一番下に書きます。

 フォルダーにカードを挟むところがありますので、そこに挟み、ウエイトレスに渡します。

 現金で支払う場合は、お釣りはチップという意味合いが含まれることが多いので注意しましょう。

 ウエイトレスによっては「Do you need change?」(お釣りは必要ですか?)などと日本ではありえない事を聞いてくる場合があります。

 例えば、20ドルの食事代に100ドル札を出した場合は別ですが、17ドルの食事代に20ドル札を出した場合などには聞かれる確率が高くなります。

 しかし、それは普通なのでチップとして手渡したいときは「No, you can keep the change」(いいえ、お釣りは取っておいて下さい)と言いましょう。

 しかし、そのお釣りの中からいくらかをチップとして渡したい場合はお釣りを下さいと言い、その中からチップをテーブルにおいておきます。

 これで、支払いは終了です。席で支払わない時は、伝票をもってレジまで行きそこで支払いましょう。

 

◇◆ラスベガスの歩き方関連記事◇◆
ラスベガスで役立つアメリカ生情報
アメリカ生活の習慣でラスベガス旅行に行って役立ちそうなことを集めたカテゴリーです。
アメリカでは当たり前のレディーファースト、よく質問にもあるチップの習慣などを記事にしています。